オススメのテニス肘サポーターの効果比較

テニス肘はサポーターで治る!?各メーカーの効果を徹底比較!

テニス肘の新常識!最新治療法ならコレ!

テニス肘マニュアルバナー600100

記事一覧

テニス肘で手首用サポーターを使うと治療効果が高い!

テニス肘用サポーターの効果
肘が痛いのに手首用サポーターを使うの?肘痛を完治させるために手首を固定するなんてよくわかりませんよね!今回は、テニス肘で手首用作ポーターを巻いた場合の治療効果について解説します。テニス肘が起こる原因を正しく理解することが、完治させるための近道です!サポー

記事を読む

テニス肘用サポーターのつけ方を間違えると効果半減?

テニス肘用サポーターの使い方
サポーターやテーピングはつけ方を間違えると効果を発揮しないどころか、逆に症状の悪化を招く可能性があることをご存知ですか?今回は、テニス肘用サポーターの付け方で間違えやすい箇所について解説します!その怪我の原因やサポーターの仕組みについてしっかりと理解する

記事を読む

テニス肘のサポーターは悪化防止に効果あり!

テニス肘用サポーターの効果
肘痛を引き起こすテニス肘は治りかけの状態から悪化や再発を繰り返すとても面倒な肘の腱鞘炎です!せっかく痛みが落ち着いてきたと思っていた矢先に...という経験をした人もいるでしょう。今回は、そんなテニス肘の悪化防止に効果のあるサポーターの仕組みについて解説します

記事を読む

テニス肘用サポーターの効果をメーカーで比較!ザムスト編

各メーカーのテニス肘用サポーターの比較
テニス肘というとどうしても、テニスをやっている人のものと思いがち。テニス肘用サポーターもテニスメーカーやスポーツメーカーから出ているものが多いです。そのため、最近増えている一般人のテニス肘患者はどれを選んでいいかわからないという悩みを抱えています!今回は

記事を読む

テニス肘用サポーターの効果を最大化する正しい巻き方!

テニス肘用サポーターの使い方
テニス肘用サポーターにはバンド型のものとスリーブ型のものがあります。一般的にはバンド型の方がスリーブ型よりも固定力や衝撃吸収力が高いとされています。しかし、どちらのサポーターも正しい巻き方をしないとその効果は発揮されません!今回はテニス肘用サポーターの正

記事を読む

テニス肘で手首用サポーターを使うと治療効果が高い!

肘が痛いのに手首用サポーターを使うの?肘痛を完治させるために手首を固定するなんてよくわかりませんよね!

今回は、テニス肘で手首用作ポーターを巻いた場合の治療効果について解説します。

テニス肘が起こる原因を正しく理解することが、完治させるための近道です!

サポーターや薬を過信せず、完治・根治を目指しましょう。

手首をサポーターで固定すると肘の痛みが改善する?

そもそもテニス肘の原因を正しく理解しているでしょうか?

ネット上には間違った解説をしているサイトもあり、「肘の酷使」をテニス肘の原因として挙げていることがありますが、これは大きな間違いです!

肘をいくら曲げ伸ばししてもテニス肘にはなりません。骨棘ができたり、関節ねずみになったりすることはあるかもしれませんが...。

テニス肘の正しい原因は、「手首や指の酷使」だと考えられています。手首や指を動かす際に使う前腕の筋肉が肘につながっているからです。

そのため、手首をサポーターで固定することはテニス肘の改善に効果があると言えるのです。

テニスサプリ


手首用とテニス肘用サポーターの併用がおすすめ!

手首用サポーターとテニス肘用サポーターを併用するのも、早く肘痛から解放されたい人にはおすすめです。

なぜなら、とにかく前腕の筋肉や肘の腱にかかる負担を減らすことが出来るからです。手首を固定することで前腕の筋肉の働きを抑えることができ、ひじ用サポーターで前腕の筋肉押さえつけることで肘の腱にかかる負担を減らすことが出来るのです。

そうして、安静を保てば肘の腱鞘炎は治まるでしょう。

しかし、サポーターを付けることで起こる副作用についても理解しておくことが大切です。

サポーターは名前通り、人間の動きや能力をサポートする働きをします。

ですから、そのサポートを受けた筋肉は働かずに済むようになります。すると、その筋肉は自分の役割や筋力を短期間で忘れてしまうのです。

これが、サポーターの副作用です。ですから、肘の痛みが治ったら必ずその筋肉の機能を取り戻すようにストレッチやトレーニングをするべきです。

これらのリハビリは未だに軽視される傾向がありますが、どんな怪我でも症状が治ってからリハビリをしないと完治したとはいえないのです。

テニス肘も、サポーターで安静を保ち、リハビリをきちんとしてこそ完治を目指すことが出来るのです。

テニス肘に関する知識やサポーターの役割について正しく理解することが、テニス肘の悪化・再発を防ぐことにつながるのです!

もし、あなたが肘の痛みやなかなか治らないテニス肘にお悩みなら...

・驚異の改善率93%を誇る最新テニス肘治療法
→ サイトには書けないテニス肘の根本の原因は○○にあった!?

・どれを買えばいいかわからないあなたに!
→ おすすめのテニス肘用サポーターランキングトップ3
 関連記事

テニス肘用サポーターのつけ方を間違えると効果半減?

サポーターやテーピングはつけ方を間違えると効果を発揮しないどころか、逆に症状の悪化を招く可能性があることをご存知ですか?

今回は、テニス肘用サポーターの付け方で間違えやすい箇所について解説します!

その怪我の原因やサポーターの仕組みについてしっかりと理解することがとても大切です。

テニス肘は肘痛が主な症状ですが、原因は肘ではないという厄介な怪我です。ぜひ正しく理解するように心がけましょう。

テニス肘のサポーターの付け方を考える前に... 

そもそも、テニス肘の原因について正しい理解をしているでしょうか?

簡単に言うとテニス肘は「肘の腱鞘炎」です。肘の腱の中でも手首や指を動かす筋肉につながる腱に炎症が起こる怪我をさします。

詳しく書くなら、手首や指を酷使することで前腕の筋肉に疲労が溜まり柔軟性を失い、筋肉が衝撃を吸収できなくなった状態に衝撃が加わることで肘に炎症が起こるのです。

では、テニス肘用サポーターはこのような仕組みで起こる肘痛をどのようにサポートするのでしょうか?

skeleton-778117_640


テニス肘用サポーターの付け方で間違えやすいポイント

テニス肘用サポーターは、上記した原因となる前腕の筋肉を押さえつけることで、肘に衝撃が加わらないようにする働きがあります。

しかし、そんなサポーターの効果を発揮できなくなる間違ったつけ方をしている人も多いのです。その中でも間違えやすいポイントを3つほど紹介します。

まず、サポーターを付ける位置について。これを間違えるとサポーターが正しく筋肉を固定することが出来ずに、肘に加わる衝撃を抑える効果が損なわれます。

サポーターを巻く位置は前腕の中でも一番太いところにするべきです。

次は、サポーターの巻く強さについて。マジックテープで止めるタイプのサポーターの場合困るのはどのくらいの強さで巻けばいいのかでしょう。

強すぎると血流が悪くなりますし、弱すぎると肘にかかる負担を減らすことが出来なくなります。血が止まらない程度に強く巻くことが大切です。手の色が変わらないなら大丈夫です!

最後は、サポーターのパッドの位置について。テニス肘用のサポーターには指を動かす筋肉を抑えるパッドがついていることが多いです。

そのパッドで中指を上下に動かす筋肉を押さえつけるように巻くことが大切です。パッドに気づかずに適当に巻いてしまう人が多いようです。

さて、このようにサポーターには正しい巻き方と間違った巻き方が存在するのです。テニス肘の原因やサポーターの役割について正しく理解しましょう。

もし、肘の痛みやテニス肘の再発・悪化にお困りなら...

・驚異の改善率93%を誇る最新テニス肘治療法
→ サイトには書けないテニス肘の根本の原因は○○にあった!?

・どれを買えばいいかわからないあなたに!
→ おすすめのテニス肘用サポーターランキングトップ3
 関連記事

テニス肘のサポーターは悪化防止に効果あり!

肘痛を引き起こすテニス肘は治りかけの状態から悪化や再発を繰り返すとても面倒な肘の腱鞘炎です!せっかく痛みが落ち着いてきたと思っていた矢先に...という経験をした人もいるでしょう。

今回は、そんなテニス肘の悪化防止に効果のあるサポーターの仕組みについて解説します!

「肘のサポーターはあまり効果がない」という口コミもありますが、これには語弊があります。そもそも効果が無ければ売れませんからね...。

肘の痛みに対してどのようにサポーターが作用しているのかをきちんと理解しましょう。

肘の痛みの悪化を防ぐサポーターの仕組みとは?


なぜ「テニス肘用サポーターはあまり効果がない!」と評価されているのでしょうか?

これは、確かにテニス肘用サポーターをしているからといって早く肘痛が治ったり、腱鞘炎が治まったりすることはないという意味では正しいでしょう。

肘にかかる衝撃をある程度和らげてくれる効果はありますが、サポーターに治療効果はありませんし、 痛みを和らげる効果もありません!

では、どのような仕組みでひじ用サポーターは働いているのでしょうか?

ea6cf4c4e9fcf0bff3726387eb694679_s


肘痛の悪化を食い止めるサポーターの働き


テニス肘用サポーターの中でもより悪化防止効果の高い輪っかのバンド型サポーターの仕組みについて、ここでは解説します。

バンド型のサポーターは、炎症を起こしている肘の骨と筋肉をつなぐ腱の役割を代替する働きをします。

手首を背屈・屈曲させる筋肉、指を動かす筋肉を肘の腱よりも手前で押さえることで、関節の動きに使う筋力発揮は可能にしながらも、肘にかかる負担を減らすことが出来るのです。

例えば、壁にばねを取り付けてそのばねを引っ張る時に、ばねの途中を床に押さえつけるとします。そうすれば、引っ張る力は途中の床で固定している部分までしか働かないので、そこから壁までのばねに張力は働かず、伸びないですよね?

壁とばねのつなぎ目を肘の腱と考えれば、これはサポーターを付けて手首や指を動かしているのと同じ状態です。

つまり、サポーターを付けると肘につながる腱に働く張力を極端に減らすことが出来るわけです。

だから、普段の生活をしても、肘にかかる負担をある程度減らすことができ、悪化を防止することが出来るのです。

サポーターはテニス肘を治すことは出来なくても、肘の腱の安静をある程度のレベルで保つことが出来るのです!

もしあなたがテニス肘の痛みやなかなか症状が改善されないことにお悩みなら...

・驚異の改善率93%を誇る最新テニス肘治療法
→ サイトには書けないテニス肘の根本の原因は○○にあった!?

・どれを買えばいいかわからないあなたに!
→ おすすめのテニス肘用サポーターランキングトップ3
 関連記事

テニス肘用サポーターの効果をメーカーで比較!ザムスト編

テニス肘というとどうしても、テニスをやっている人のものと思いがち。テニス肘用サポーターもテニスメーカーやスポーツメーカーから出ているものが多いです。

そのため、最近増えている一般人のテニス肘患者はどれを選んでいいかわからないという悩みを抱えています!

今回は、サポーター界の大手ザムストのテニス肘用サポーターの効果について解説します。

当サイトでは、各メーカーの出しているサポーターの特徴を徹底的に比較していますので、ぜひ参考にして下さい!

ザムストのテニス肘用サポーターの特徴と効果とは?


ザムストは、医療から生まれた日本初のスポーツサポーター&ケアグッズの会社です。青い箱に「ZAMST」と書かれたサポーターを見たことがあると思います。

サポーターに特化した会社ということもあり、日本では業界内随一のシェアを獲得しています。

そのため、顧客満足度やサポーターの効果の評価も高く、テニスをしている人ならサポーターを買うならザムストが定番になっています。

では、具体的な機能や効果について解説していきましょう。

テニス肘サポーター記事用

テニス肘用サポーターメーカーを徹底比較!ザムスト編


ザムストはサポーターとして3点の優れた点を持っています。

それは、「サポート効果の高さ」、「着脱のしやすさ」、 「蒸れない加工」です。

まず、「サポート効果の高さ」について。これは、日本のサポーター界のパイオニアとしてこまめにデザインをマイナーチェンジしてより良くしてきたザムストにしかない固定力でしょう。

ひじ用のサポーターだけでなく、手首や足首などのサポーターもやはり固定力やサポート力が秀でています!

テニス肘に対しては肘の内側、外側どちらの痛みに対してもパッドの当たる位置をずらせば対応可能なのが特徴ですね。

次に、「着脱のしやすさ」について。バンド型サポーターのため、輪っかを腕に通してパッドの当たる位置を合わせてマジックテープで止めれば良いので、着脱でストレスを感じることはないでしょう。

また、固定感の調整も簡単に出来るので、その日の肘の状態に合わせて変えられるのも良い点ですね。

最後に、「蒸れない加工」について。これは、意外とサポーターを付ける人にとっては大きな問題になります!

なぜなら、ただ汗臭くなるだけならいいのですが、汗が乾かないと常にサポーターを巻いている部分が蒸れた状態になり汗疹などの皮膚疾患が起こってしまう可能性があるからです。

汗疹になるとサポーターやテーピングを巻くことが出来なくなりますし、外用薬も肌に強い刺激を与えるため使いにくくなります。

だから、蒸れない加工が施され、通気性が良いのはサポーターの機能としては絶対必要でしょう。

このように、ザムストの肘用サポーターは改良を地道に重ねより良く進化を続けています。あまり悪い部分は見当たりませんし、評判を聞いても満足度が非常に高いです!

もし、テニス肘用サポーターでどれを選んだらいいか分からず迷っている方は、下のテニス肘用サポーターランキングを参考にしてみて下さい...

・驚異の改善率93%を誇る最新テニス肘治療法
→ サイトには書けないテニス肘の根本の原因は○○にあった!?

・どれを買えばいいかわからないあなたに!
→ おすすめのテニス肘用サポーターランキングトップ3

 
 関連記事

テニス肘用サポーターの効果を最大化する正しい巻き方!

テニス肘用サポーターにはバンド型のものとスリーブ型のものがあります。一般的にはバンド型の方がスリーブ型よりも固定力や衝撃吸収力が高いとされています。

しかし、どちらのサポーターも正しい巻き方をしないとその効果は発揮されません!

今回はテニス肘用サポーターの正しい巻き方について紹介します。

サポーターを購入すれば箱や説明書に装着方法は書いてあると思いますが、それと合わせて参考にするといいでしょう。

サポーターは巻き方で固定・衝撃吸収効果が変わる!


あまり気にしたことがないかもしれませんが、サポーターの効果を最大化するためには 正しい巻き方をすることが重要です!

テニス肘に限らず、どの部位のサポーターに関しても同じことが言えるでしょう。

どの位置にどのくらいの強さで巻くのか、場合によっては巻く順番によって効果が変わるものもあります。

では、具体的にテニス肘のサポーターの巻き方を解説しましょう!

good-1123013_640

テニス肘用サポーターの正しい巻き方を解説...


サポーターを正しい巻き方で装着できると、手首や指を動かしても肘に痛みがある程度響かないようになります。 

なぜなら、手首や指を動かす筋肉が力を発揮するために伸縮しても、傷んでいる肘の腱に負担がかからないように、サポーターによって前腕の筋肉を圧迫することが出来るからです!

では、スリーブ型とバンド型のサポーターそれぞれの正しい巻き方を紹介します。

まず、スリーブ型に関しては間違えることは少ないです。肘の位置が決まっているサポーターに関しては、そこにぴったり肘を合わせ、ねじれのないように装着すると良いでしょう。

問題は、バンド型サポーターでしょう。バンドで固定する位置や引っ張る強さ、パッドをどこに当てるのか等きちんと理解して巻く必要があります!

バンドを巻く位置は手首と肘の間の前腕の 一番太い部分です。そして、その位置で中指を動かした時に動く筋肉にパッドを当てて、適度に締め付けることが大切です!

中指を動かす筋肉は特に一般的なテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の原因筋となっています。ですから、手首を動かす前腕の筋肉と中指を動かす筋肉をしっかりと圧迫することがバンド型サポーターの効果を最大化する方法なのです!

このように、肘にかかる負担をなるべく減らすためにサポーターを使うなら、正しい巻き方とその理由をしっかりと理解しておくことが大切です。

もちろん、サポーターを巻いているからといって、放置していては肘の腱鞘炎は治りません! 

サポーターはあくまでも、負担の軽減・悪化防止のための道具だと思って、しっかりとあなたのテニス肘の状態にあった治療やリハビリを行いましょう。

もし、あなたがテニス肘の症状にお困りなら...

・驚異の改善率93%を誇る最新テニス肘治療法
→ サイトには書けないテニス肘の根本の原因は○○にあった!?

・どれを買えばいいかわからないあなたに!
→ おすすめのテニス肘用サポーターランキングトップ3 
 関連記事
ギャラリー
  • テニス肘用サポーターの効果をメーカーで比較!プリンス編
  • テニス肘用サポーターが買えるオススメの販売店とは?
  • 急増子供のテニス肘!大人用のサポーターを使っても大丈夫?
  • 女性が使いやすいテニス肘用サポーターの選び方とは?
  • 薬局や病院で処方される医療用サポーターはテニス肘に効果なし?
  • テニス肘になった場合の正しいサポーターの使い方とは?
  • テニス肘用サポーターの装着方法のポイントは位置にあり!
  • テニス肘用サポーターの腱鞘炎に対する治療効果とは?
  • テニス肘のサポーターに保温効果は必要なのか?
公式ホームページ
テニス肘コムバナー468200
最新治療マニュアル
テニス肘マニュアルバナー200200
テニス肘サポーターランキング
テニス肘サポーターバナー200200
Copyright © テニス肘はサポーターで治る!?各メーカーの効果を徹底比較! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます