病院で処方されるサポーターや薬局で売っている市販の肘用サポーターはテニス肘に対しては効果がない、と評口コミが広がっています。スリーブ型の肘を覆うアームカバーのようなサポーターです。

今回は、医療用肘サポーターがテニス肘の治療には向いていない理由について解説します!

もちろん、テニス肘の重症度の段階によっては効果が全くないわけではありませんが、正直付けても付けなくても変わらないことがほとんどです。

多分病院で処方される際も、「もし心配なら肘用のサポーターを処方しますがどうしますか?」と聞かれるはずです。どちらでもあまり変わらないというのは医療的な立場からも言えそうです。

医療用サポーターはテニス肘の治療に向かない!

医療用の肘用サポーターは肘関節を適度に締め付ける機能と保温性をもっています。

つまり、肘の関節炎などの肘関節の動きそのものが原因となっている怪我に対しては医学的にも効果があると言えるでしょう。

しかし、テニス肘のような手首や指を動かす筋肉の酷使が原因で起こる肘の腱鞘炎には、全く効果がないと言っても過言ではないでしょう!

これから、その理由を詳しく解説し、どのようなサポーターがテニス肘に向いているのかを示したいと思います。

b0d76efaeb30b9152c3cce8075172e92_s

テニス肘にはテニス肘用のサポーターを!

なぜ病院で処方されたり、市販の薬局で売っていたりする医療用サポーターがテニス肘に効果がないのか。

簡単にいえば、テニス肘は肘を圧迫したり保温したりしても治らないからです!原因が肘にはなく、それ以外のところにあるので、当たり前といえば当たり前ですが...。

やはりテニス肘には、テニス肘用のバンド型サポーターが一番効果的です。前腕に走る手首や指を動かす筋肉を押さえつけることで、肘の腱にかかる負担を減らす仕組みになっています。

しかし、手首や膝のサポーターのように関節運動を制限するわけではなく、あくまで多少の負担軽減効果があるだけですので、痛みが劇的に緩和されることはありません。

テニス肘になってしまったものの、腕を安静に保つことが難しい家事や仕事をする際に使うと悪化を予防する働きをする程度だと思っておいた方が良いでしょう。

このように、テニス肘の症状が気になるなら、なるべくバンド型サポーターを使うことをおすすめします! 最近はスマートな外見であまり目立たないものも多いですよ!

もし、あなたがなかなか完治しないテニス肘にお悩みなら...

・驚異の改善率93%を誇る最新テニス肘治療法
→ サイトには書けないテニス肘の根本の原因は○○にあった!?

・どれを買えばいいかわからないあなたに!
→ おすすめのテニス肘用サポーターランキングトップ3